近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工歯づくりを指します。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。
様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。
それは本当のことではありません。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。
MRI検査への影響はありません。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。
それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えています。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることはできる状況になっています。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。
確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。
定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。
歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。
保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。
また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることはもちろんです。
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。
インプラントの利用を考える際に、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
もっと詳しく⇒自宅でホワイトニングの通販サイトを探す