治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることはできるケースが増えました。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのがおおよその相場と考えてください。
一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は見過ごしてはならないレベルです。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。
もっと詳しく>>>>>歯が汚れた結果と原因