他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。
様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、海外で治療を受けることも考えるべきです。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。
可能な限りの情報を集めることに努めましょう。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。
これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。
一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。
院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療ができるようになっています。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。
続きはこちら⇒原因から歯の汚れを調べる