近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。
陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくことが必要条件です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。
きちんと歯科医に相談することが大事です。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。
どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。
別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。
大至急歯科医にかかってください。
インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>歯を白くする方法は良い歯磨き粉を選ぶこと