月別: 11月 2017

他の治療が受けられない方

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。
そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。
ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。
あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。
まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。
インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。
人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。
インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。
あわせて読むとおすすめ⇒実感のないホワイトニングの効果的な使い方

失敗は少なくなったようです

歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。
インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。
このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って過ごすのが無難です。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。
安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が物を言うといわれています。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。
それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が増えています。
現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることは十分可能になりました。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。
治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。
ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、当然ながらデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。
あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。
障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。
続きはこちら⇒ホワイトニングジェルは歯に使う事をおすすめします

治療ができる歯科医院

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。
虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。
自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。
人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。
腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。
最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
もっと詳しく>>>>>効果の高いホワイトニング技術

特殊な施術を伴わないインプラント

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。
ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。
それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。
障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。
入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。
全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
この治療の費用は歯科医院ごとに相当な開きがあります。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
放置すると炎症が広がるので即刻診断を受ける必要があります。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。
これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。
こちらもおすすめ⇒歯のクリーニングなんて自宅では出来ない