現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。
虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。
自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。
人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。
腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。
最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
もっと詳しく>>>>>効果の高いホワイトニング技術