義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院することはめったにありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。
自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。
全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。
痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。
様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。
できる限りの情報を手に入れるしかありません。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優位に立ちます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、そのマイナス面も知らなければなりません。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。
それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。
まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。
これはなぜでしょうか。
一つには、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。
こうした症状に気付いたら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。
参考サイト:ホワイトニングジェルの歯用は通販で買える