普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性もいらっしゃると思います。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため調理のために加熱することで葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要です。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期の妊婦には葉酸が要らないのかと言うと、そうではないのです。
葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを減少させるという有効性に限った話では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間という訳です。
なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。
サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。
妊活中の女性において、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、さまざまなものが売られています。
どのようなものがお勧めかと言うと、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。
妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を防ぎ、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。
それと、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。
ですから、夫婦どちらに対しても効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。
葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。
葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが一番良いですね。
せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、食後30分以内の摂取が理想的です。
なぜなら普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。
逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、避けた方が無難です。
今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。
例えば、妊娠前から十分に葉酸を摂取しましょうと、雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。
葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。
ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合はサプリを使うのもお勧めだそうです。
安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、充実した妊活ライフにしたいと思っています。
親友の話なのですが、妊娠したいと話していた頃に漢方を欠かさず服用していたようでした。
彼女の話では、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。
漢方だったら安全性が高いのではないでしょうか。
彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、命を授かることが出来ました。
彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。
今、二人子供がいます。
二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。
長男を出産した後でしたので、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。
排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしました。
無事に妊娠し、うれしいと同時に赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。
主人も待望の女の子という事で大喜びでした。
妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。
この作用は妊娠にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすくなるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。
造血作用で血液が増えることで、血行が良くなるだけでなく生殖機能が正常化して活発になり、妊娠しやすい体作りができるのです。
友達と話していたら、葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。
使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが気になっているようでした。
友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと母から聞いたことがありましたから、妊娠したと言っていた友達に勧めました。
友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思います。
葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。
では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。
例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも構いません。
とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。
葉酸は体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで身体を健康的に保つことをおススメします。
続きはこちら⇒どうして妊婦さんと葉酸が効果的なのか